本文へ移動

もみじ保育園 上矢部

園長先生の伝言板


「もみじ保育園 上矢部」のホームページにお越しくださりありがとうございます。
「もみじ保育園 上矢部」は、相模原市中央区上矢部にあります。町田市との市境に位置しており、静かな住宅街にありながらも緑が多く残る場所に位置しています。
 令和4年を迎えました。
昨年は夕涼み会、運動会、バザー、クリスマス会など様々な場面で保護者の皆様や地域の皆様に沢山のご協力をいただきました。
本年も子どもたちの為に楽しい保育を目指し職員一同力を合わせて参ります。
本年もよろしくお願いします。

お知らせ

・もみじ保育園へのお問い合わせは
042-707-8562 までお願いします。
 *2022/1/7現在の入園募集…4歳児


・子育て広場では園庭開放を行っています。
・月に一度、10時より「お話し会」を開催しております。
 コロナウィルス流行を考慮し園庭でお歌を歌ったり、絵本だけでないお話を見たりと、楽しんで頂けたたらとおもいます。





 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、改めて以下のご協力をお願いします。

新型コロナウィルス感染拡大防止のため改めて以下のご協力をお願いいたします。
                   
◎発熱時は解熱後24時間経過してからの登園となります。
◎発熱や咳、鼻水などの風邪症状があるときには登園を控えていただき、受診するようにお願いします。
◎感染症の風邪症状の場合は、受診後もその症状が回復してから更に24時間経過するまでは、引き続き登園を控えていただくようお願いします。
◎発熱や咳、鼻水などの症状が感染症の風邪症状ではないと医師の診断があり、登園を許可された場合は、できるだけ受診後、または登園予定日前日までに当園までご連絡ください。事前連絡がない場合には登園をお断りする場合があります。
◎園児本人及び同居の家族がPCR検査を受けることになった場合には速やかに当園までご連絡ください。また、結果についても速やかにご連絡ください。
◎保護者の皆様には保健所の疫学調査の結果「臨時休園」となることにも備えていただくようお願いします。

各ご家庭でも大変な状況であると存じますが、上記の趣旨にご理解をいただき、ご協力いただきますようお願いいたします。

栽培保育

もみじ保育園 上矢部では、栽培保育を盛んに行っています。

年間を通して田んぼの活動を行っています。5月の田起こしに始まり6月の田植え、10月には稲刈り、11月の脱穀と年間を通して子どもたち自身の手でお米を育てています。精米が終わると園庭で炊き出しをして、みんなで美味しくいただきます。

春には夏野菜の栽培を始め、実ったトマト・ナス・きゅうりなどを収穫し新鮮な野菜を美味しくいただきます。秋にはさつまいも掘りや球根植えなどを経験します。

コロナの状況を見ながら調理保育を行い、食への興味や意欲を深め、楽しく食べることを大切にしています。また葉や実った野菜に触れ、観察画などに取り組む中で様々な興味に繋がるようにしています。栽培をする中でいたわりの心や、尊いという感情の芽生え、継続して世話をすることでの気付きや根気強さを培っています。

さくらんぼリズム

もみじ保育園 上矢部では、さくらんぼリズムを行っています。

さくらんぼリズムは、音楽に合わせて体を動かす活動を通して、子どもの「運動神経」「感覚神経」「脳中枢神経」を発達させることが出来ます。

・「脳中枢神経」の発達を促すリズムはたくさんあり、手先・手足・胸・脚・首・背・腹と全身の筋肉をくまなく使うように考えられている。

・自分の番はいつなのか、曲名、テンポに合った動き等、ピアノを良く聴き自分で判断して動くので、自発性、考える力・集中力が身に付く。

・裸足で取り組み、足先や足裏を使うので、土踏まずの形成を促します。体のバランスをとったり、歩いても疲れにくくなり、転びにくくもなる。

・体幹を鍛えるので、姿勢が良くなり、骨盤のゆがみが取れ、力を発揮しやすくなる。

・手の力がつく。(日常的な動作では手の力、特に指先の力が必要。なるべく小さい時から、 指先を使うことが発達に効果的)

・転んだときにとっさに手が出なくて顔から転ぶ子どもが増えているが、実際に転んだ時も手が出るようになる。

などなど、様々な利点があります。                                      

 そして何より一番なのが、やっている子どもたちが体を動かすことに喜びを感じ、伸び伸びと参加すること。日常的にさくらんぼリズムを取り入れることにより子どもたちの心と体の成長を伸ばしていきたいと考えています。

 

行事予定

1月の予定

4日(火)  第3期保育始業
7日(金)  0,1歳児健診
11日(火)  お話を聴く会
14日(金)  どんど焼き(団子焼きのみ)
18日(火)  誕生会
21日(金)  避難訓練

2月の予定

3日(木) お話を聞く会・節分会
7日(月) 0歳児健診
8日(火) 誕生会
9日(水) こども会予行練習
19日(土) こども会(平常保育はありません)
25日(金) 避難訓練

もみじブログ 2021年度

じゃがいも掘り

2021-06-24
行ってきました!! 理事長先生の畑のじゃがいも掘りに!!

小野路保育園の近くの交差点でバスを降り、畑に向かい歩きます。
小野路町の中の散策道を進み20分ほど歩くと理事長先生の畑に到着です。

小野路保育園の園長先生ともみじ保育園の園長先生にお話を伺いじゃがいも掘りスタートです。
畝の土を少し掘るだけで、お芋がころころ出てきます。
始めは少し遠慮がちに手を伸ばしていた子どもたちですが、お芋が出てくることが分かると大張り切りです。
あっちでもこっちでも「お芋あった!」「でてきた!」の声が上がりどんどん掘り進めていきます。
じゃがいもにお顔の形に模様がついてることを発見。
子どもたち、よく見てますね。
子どもたちが掘った後は、職員が掘り返すのですが、お芋が出てくることはほとんどなく、子どもたちが綺麗に掘り出してくれていました。
掘ったお芋を一か所に集めて記念写真。
子どもたちの足元にあるのは「とうや」というお芋です。
実は畑の奥側には「男爵」もありました。
最後は袋入れ競争です。とうやチームすみれVS男爵チームゆりでよーいどん!!
どんどん袋に詰める子どもたち、途中でお芋が多すぎて袋が足りなくなるなんでことがありつつ、タッチの差でゆりぐみの「おーーわった!」が先でした。

子どもたちのお芋が出てきた時のキラキラした顔、最後のやり切ったという笑顔。素敵でした。
今回もいい経験ができました。
山盛りのお芋は保育園の皆へおすそ分け。「とうや」です。
子どもたちの掘ったお芋はどんな味でしょうか。ぜひ御賞味あれ。

田植え

2021-06-07
今年は苗の生育が良いということで急遽予定を前倒しし、行ってきました。田植え。
前回は全身どろんこを楽しみましたが、今回はやり遂げなければいけません。
事前に園庭に描いた田んぼで練習した通りに、一列に並んで田んぼに入り、スタートです。
苗を受け取ると縄についたしるしに合わせ「ぎゅー」と泥の中に差し込みます。
みんなで声を掛け合い「ぎゅー」、また一歩下がって苗をもらい「ぎゅー」
田んぼの端っこまでしっかり苗を植えることができました。

今年のお米の出来はどうかな。きっと豊作でしょう。もみじ米、収穫が楽しみです。

田おこし プランター

2021-06-03
コロナを考え田おこしに行くのはゆりぐみ、すみれぐみだけとなってしまったのですが、保育園のプランターの田おこしをばらぐみにお願いしました。
玄関前に集合して田おこしのお話をきいて開始です。
始めは少し遠慮気味に手首まで入れてみるのですが、すぐに楽しくなって腕全部を泥の中に入れてグルグルグルグル。
汚れてしまうのもへっちゃらで楽しみました。
こんなに楽しんでくれるなんて、嬉しい限りです。
プランターの田んぼもいい泥になりました。

来年は、歴代1位の泥んこをしたすみれさんと、汚れるのがへっちゃらなばらさんが田おこしに田んぼへ行く?
とても楽しいことになりそうです(笑)

子どもの田おこし

2021-05-26
行ってきました!!
子どもたちの田おこし!!
本来は、日程を二日設け、たんぽぽぐみからゆりぐみまで、泥んこを体験しようと企画していたのですが、やはりコロナを考え、バスが密になってしまうと、ゆりぐみ、すみれぐみで行ってきました。
久しぶりの小野路保育園。
理事長先生にご挨拶して田んぼに向かいます。
もみじの園長先生、小野路の園長先生にお話を伺った後、さあ、田おこしスタートです。
田おこしとは、田植えをする前に田んぼの泥をかき混ぜやわらかい良い泥にすることです。
みんなが田んぼの中で動けば動くほどかき混ぜられいい田んぼになります。
始めはそーっと田んぼに入った子どもたちですが、やわらかくて冷たくてなんだか気持ちいい?足を取られ転びそうになりつつもどんどん楽しくなってきたようで、笑い声があがり動き回ります。お友だちと手を取りながら進んだり、転んでしまった子に手を差し伸べたり、水しぶきが上がるのを大笑いして、最後に一列に並んで踏み進め、仕上げをする頃には、誰が誰だと分からないほど泥んこになっていました。
もみじ保育園始まって4回目の田おこしですが、経験値を重ね、年々子どもたちが成長し楽しんでいるの感じます。
歴代で一番泥んこで髪も顔もすごいことになっていた子どもたちでした(笑)


移動水族館がやってきました!

2021-05-25
保育園に、水族館がやってきました。
こっちのタライに大きな鯉。
あっちのタライには蟹。
こっちのケージには亀。
そして大きいリクガメも。

密を避け、時間を区切り楽しみました。
まずは小さいクラスの子どもたちから。
タライをのぞき込むのですが、やっぱり少し怖いかも・・・。
しかし保育者と一緒に触ってみると楽しいようで、段々平気になっていく姿がありました。
次は地域の親子の方々にも参加いただき、ゆったりと少人数で普段なかなか触れない生き物に親子で手を伸ばし、楽しい時間を過ごしてもらいました。
さあ、次は大きいクラス。みんな興味津々です。
リクガメに餌をあげたり、蟹もそっと手に乗せていたりと思い思いに楽しんでいましたよ。
中には亀を赤ちゃんのように抱っこして、よしよいしている子も。
年長クラスにはお魚クイズも出され、「金魚と鯉の違いは何でしょう」と水槽の中の魚を見比べていました。
答えは何でしょう??(笑)

コロナ禍の中、短い時間でしたが普段中々できない体験をすることが出来、楽しい時間となりました。
さあ、次はどんな楽しいことができるかなあ


もみじ 本日の給食 2021年度

1/20

2022-01-20
□給食
ごはん
厚揚げと豚肉のオイスタ
ひじきサラダ
かぶの味噌汁
オレンジ

□おやつ
和風スパゲティ
(ほうじ茶)

1/19

2022-01-19
□給食
ごはん
鱈の甘酢あんかけ
切干大根煮
青梗菜のスープ
パイン缶ヨーグルト

□おやつ
のり塩ポテト
ほうじ茶

1/17

2022-01-19
□給食
ごはん
豚肉の生姜焼き
チーズ入りサラダ
白菜の味噌汁
グレープフルーツ

□おやつ
豆腐ドーナツ
牛乳

1/15

2022-01-15
□給食
かみかみ丼
もやしサラダ
キャベツの味噌汁
みかん

□おやつ
大学芋
(ほうじ茶)


1/14

2022-01-14
□給食
ごはん
赤魚の煮付け
ビーンズ入りサラダ
しめじの味噌汁
バナナ

□おやつ
おしるこ
ほうじ茶

☆皆さんは、おしるこぜんざいの違いを知っていますか?
汁気が多いものをおしるこ、汁気が少なく、お餅やお団子に餡をかけたようなものをぜんざいと呼びます。
関東と関西では認識が違うみたいですよ!

もみじブログ2020年度7月~

もみじ 本日の給食 2020年度7月~

2021-03-05

1月の保育目標 「伝承を知る」 

ゆ り 組

♪ 正月遊びを通して、文字や数字への関心を高める。
♪ 小学校生活を意識し、時間に見通しを持って生活する。

す み れ 組

 お正月の行事や遊びを友だちと楽しみ、伝統文化に興味を持つ。
 友だちと考えを出し合い、工夫して遊び進める。

ば ら 組

 食事や着脱など身の回りを見通しを持ってできるようにする。
 ルールのある正月遊びを友だちと一緒に楽しむ。

た ん ぽ ぽ 組

 保育者や友だちと正月遊びを楽しむ。
 帰りの支度など身の回りの事を自分でやってみる。


ちゅうりっぷ 組

 生活リズムを整え、寒い時期を元気に過ごせるようにする。
 冬の自然に触れながら体を動かしたり、お正月遊びを楽しむ。

つ ぼ み 組

 安心できる保育者とのかかわりの下、生活リズムを整えていく。
 いろいろな遊びや物に触れ、興味の幅を広げる。

園の行事

保育内容に関するご相談・ご意見・ご要望・苦情

もみじ保育園 上矢部 相談・苦情対応

相談・苦情受付担当者 主任保育士 岡田友美
相談・苦情解決責任者 園長 北田広美   
お問い合わせ 連絡先 TEL 042-707-8562
上記、担当者責任者への申し出が困難な場合や解決が困難な場合は、
事業者(法人)まで申し出てください。
 
第三者委員 小林秀洋(社会福祉法人香楓会 監事)
  連絡先 町田市大蔵2177-2  TEL 042-735-5562
 
第三者委員 藤井淳子(社会福祉法人 ワゲン福祉会 わげん保育園 園長) 
  連絡先 相模原市中央区小山3429 TEL 042-752-1866
 
受付方法 面接・文書・電話などの方法で相談・苦情を受付けます。
 
 
社会福祉法人 香楓会
〒195-0064
東京都町田市小野路町1416
TEL.042-735-2314
FAX.042-735-8822


TOPへ戻る